経営コンサルとは (3)
会社の成長に意欲のある社長

経営コンサルティング(MAS)とは

経営者は孤独といわれます。どの事業のどの部分に問題点があるのか、どう改善すべきなのか?そのことを把握するにも社員に理解してもらうところから入る必要があります。そもそも深く立ち入れない部分もあるかもしれません。
神戸MAS経営コンサルティングは改善する為のポイントを会計数字から分析し、数字を示した上で社員の理解を得て現場の課題を探ります。そして経営者の思いがあればその課題を解決するための体制を整えるお手伝いをいたします。MASは経営者の会計分析という武器を持ったブレーンなのです。

 経営数字から問題点が明らかになります

経営数字から問題点が明らかに

経営コンサルティングでは、会計業務を通して企業の経営数字を把握します。
現状の経営状態を数字で明確化することで、問題点や改善すべき点を明らかにできます。
私たちは経営数字の専門家です、必要となるデータを正確で整理された状態で提供し速やかに経営上の問題を発見することができます。

 社長だけでなく幹部、社内の意識改革につながります


経営意識の改革は経営改善への根本的かつ、重要なポイントです。

経営の意思決定は社長一人の判断で行ってしまうことが多くなりがちです。
そこで当社がコンサルティングとして、社内会議での意思決定をはかり社内全体の経営意識を改革していきます。

幹部の意識改革

 地域密着型コンサルティングなので経営に深く入り込みます

地域密着型経営コンサルティング

神戸周辺地域の企業に対して密着したコンサルティングを行います。
毎月の訪問を通じて、月ごとの経営数字の分析と経営計画の提案等、継続的に御社の経営に関わることができる強みがあります。
企業に身近に寄り添ってゆく、長期継続型のコンサルティングです。

 一般的なコンサルティングと比べて費用は抑えられます

会計業務を行い、それを発展させてコンサルティングし提案することで、別個に経営コンサルタントに依頼する場合に比べ、費用を低コストに抑えます。
更に、経営数字を把握できるので資料作成のコストも抑えられます。

費用を抑えた経営コンサルティング
経営コンサルティングで高い業績改善

経営全体の最適化を目的としているので、高い業績改善効果を得ることができます。

経営コンサルティングの例
経営コンサルティング実施例へ

※実施イメージのページに進みます

神戸会計ドットjpヘッダー
専用メールフォーム
お問い合わせ

運営:株式会社MAC経営 0120-197-233 「神戸MAS経営コンサルティングを見た」とお伝えください。

お問い合わせボタン

小藤会計事務所リンク
ページの先頭へ